2021年 《フラワーリーダー・コース》のご案内

※12月21日12時現在、キャンセル待ちのみの受付です。

※お申込みの受付は2020年12月21日(月)10:00~です。
※この講座は「ナード・アロマテラピー協会認定 アロマ・アドバイザーコース」を修了している方が対象です。

2021年1月末より、アロマテラピーとハーブについてより深く学べる、萩尾エリ子のオリジナル講座《フラワーリーダー・コース》を開講致します。

講座詳細・日程・お申込みについては下記のご案内書類(PDF)をご覧下さい。

2021年フラワーリーダー・コースのご案内(PDF)

受講をご希望の方は、下記専用フォームよりお申込み下さい。

なお、今回は新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、定員を6人から4人に減らしての開講です。
また、このような状況からクラス間の振り替えもご遠慮戴きたく考えております。
お申し込みにあたっては、各クラスの日程にご参加いただける前提で計画をいただければ幸いです。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

お申込みの受付は2020年12月21日(月)10:00~です。
※12月21日12時現在、キャンセル待ちのみの受付です。
専用お申込みフォーム (受付時刻に利用可能となります)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

開講にあたって – 萩尾エリ子

ハーブショップを開いて、植物と共に過ごしてきました。庭を作り、土に触れ、人と関わりを持ち、心と身体で薬草たちを感じる時間でもありました。一輪の花、緑の一枝、香り草が、命により添う光を持つことを知りました。とりわけ薬草の中で惹かれたのは、その「香り」でした。私はここから精油の世界に入っていきました。

アロマ・アドバイザーコースの中で私が親しんだ植物たちのお話をすると、皆さんの顔はいつも輝き、もっと聞きたそうな様子です。私にとってはごく当たり前のことでしたが、アロマテラピーを学ぶ人にとってはとても新鮮なことだったようです。

『化学一辺倒でなく、神秘に偏ることなく、植物を忘れない思想、生化学的であり、エネルギー的であり、情報伝達手段をあわせ持つ技』。ケモタイプ・アロマテラピーを学ぶとき、いつも現れるこの言葉の中の、特に「植物を忘れない思想」は、私の核となる想いと一致しています。これまで開いてきたアロマテラピーの講座でも、植物を大切に想って時間を使ってきましたが、より多くの時間と深さを持った講座を開いてみたいと思うようになりました。それが、この「フラワーリーダー・コース」です。

「フラワーリーダー」という言葉は、小さな花束を携えて、人の先頭に立つのではなく、少しだけ勇気を持って自分自身を導き、望むところに行ける人をイメージして名付けました。アロマテラピーという大海原の中で、植物という緑の羅針盤を持ち、学ぶ人それぞれにとっての海図を描き、楽しく美しい航海ができるようお手伝いします。

学んではきたけれど、次のステップをどう進もうかと思案したり、ずっと歩いてきたけれど、迷ってしまっている方。新しい景色が見たくなったり、もっと学ぶ場がほしいと思っている方。ご一緒に、緑色の教科書を開きませんか。